2011年10月04日

矢田亜希子 ハードSM『花と蛇』に出演?

矢田亜希子 崖っぷち『花と蛇』ハードSMシーン覚悟で再浮上

2011年10月3日(月)22時0分配信 週刊実話

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jitsuwa-20111003-1485/1.htm

女優の矢田亜希子(32)に復活の兆しだ。業界関係者の関心を一手にさらっているのが矢田のイメチェン。子持ちのアラサー女優としてついに濡れ場の解禁を極秘キャッチした。

 「今年5月に逝去した官能小説の大家・団鬼六氏の代表作『花と蛇』の出演オファーです。現在、矢田はヒロインの最有力候補。既に映画界の大物がプロデューサーに名乗りを上げている。監督候補には三池崇史や堤幸彦らの名前が浮上している。他の共演者にも大杉漣や劇団ひとり、水嶋ヒロ、温水洋一といった演技派や個性派俳優の名前が挙がっています」(関係者)

 『花と蛇』は過去に何度も映画化され数多くの女優が主演を務めてきた。'74年は谷ナオミ、'04年、'05年は杉本彩、'10年は小向美奈子。とはいえ、過激濡れ場がウリの『花と蛇』。矢田は本当に出演を承諾したのか。

 「過去にグラビアで水着は披露したことがあるが、ヌードは初。当然、乳首や濃厚なベッドシーンなど演じたことは皆無。しかし、出演料は最低でも2000万円。矢田クラスなら出版やDVDなどのオプションを付けて、込み込みで億の大台もある。迷わない訳がない」(芸能事情通)

 現在、矢田の仕事は10月に開局する『BSスカパー!』の開局記念オリジナル連続ドラマ『Oh!デビー』の一本のみ。CM出演はまだ厳しいのが現状だ。

 「子供を抱えている矢田は、最近長男を名門私立幼稚園に入学させ、何かと入り用なんです。『大学まで行かせる』と言っているし、アラサーの矢田に仕事を選んでいる余裕はないはず」(芸能プロ関係者)

 ちなみに、矢田の出演料だが、現在は新人女優に毛が生えた程度だという。

 「最盛期はドラマ1話で200万円以上を取っていた。芸能界復帰後初主演を演じたドラマ『シマシマ』のギャラは一本50万円。『Oh!デビー』も80万円。100万円の大台は大ヒット作に出演しないと難しい」(テレビ局ディレクター)

 矢田の濡れ場となれば、話題必至だ。

 「矢田以外にも、実はライバルはいるんです。芸能人もこの不況は堪えている。仕事のない女優や元アイドルはゴロゴロいる。有力なのは巨乳が売りだった井上和香や小池栄子。他にも、国生さゆりなどの名前が取り沙汰されている」(芸能プロ関係者)

 矢田の決断は早いに越したことはない。

週間実話の記事なので当てにはなりませんが、出演すれば大ヒット間違いないでしょうね。ただ、小池栄子とかだったらありうる話かも知れませんね。
posted by mania at 09:08 | 記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。